読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狐の王国

人は誰でも心に王国を持っている。

マスメディアを殺せば日本は圧倒的に独り勝ちする

ちょっとあんまし時間無いので以下の2記事について簡単に言及する。

最近のこの日記の記事を見てる人には信じられないかもしれないが、実は俺もそう日本の将来について悲観はしてない。ただ「このままだとまずい」という危機感は常に持っている。何もしなくていいわけじゃない。

そしてその見解もkazu_fujisawaさんとそう変わらない。

利権団体でも一番大きいところでせいぜい数百万人程度です。
どこの利権団体にも属していない国民の方が圧倒的に多いのです。
だからサイレント・マジョリティの人たちが正しく情報を共有して、どの政治家やどの政党が国益を犠牲にして一部の既得権者の利益を守ろうとしているのかを監視して、ネットなどのメディアでそういった政治家を徹底的に排撃していけばいいのです。
インターネットのメディアもどんどん成長していますし、そういうことはどんどん可能になっていくでしょう。

金融日記:政治さえまともになれば日本は圧倒的にアジアで独り勝ちできる

elm200さん、ここ見落としちゃダメですよ。重要なのはメディアってことでしょう。

はてなブックマークの反応を見ても、この記事をただの空元気だのなんだの言ってる人がいるが、これはそうじゃない。暗黙に現状の日本のマスメディア、いわゆる「マスゴミ」がボトルネックであると言ってるわけだ。

もちろん直接的なボトルネックは政治なのだが、その政治を作ってるのが今のマスゴミであるうちは変わらん。いわば今の日本国民は少数のマスゴミに洗脳されてる状態で、正しい判断が行えてないということを指摘してるのだろう。

確かにいまだに前麻生政権が行った70兆円にも及ぶという景気対策のうち、いったい我々はいくつ知ってるのだろうか。メディアが報道したのは定額給付金だけではなかったか。これで前政権の何を判断しろというのか。

マスメディアはもはやマーケティングに縛られ、広告がもっともよく効く層が喜ぶことしか報道しない。企業にとって利益をあげることが目標だからしかたがないと言う向きもあろうがそうじゃない。利益をあげることは一つの制約事項にすぎない。重要なのはきちんとした目標を達成することなのだ。そしてマスメディアの役割と目標は、国民に情報を伝達することだ。

日本のマスメディアはその役割と目標を失った、いわば金を貪るゾンビと化した。

日本で今もっとも重要なのはメディアの改革だ。現状のマスメディアをなんらかの形で抹殺し、新しいメディアが日本の隅々までその本来の役割と目標を果たす必要がある。

それはネットメディアかもしれないし、マスメディア自身の自己改革によってなされるかもしれない*1。どんな形でもいいのだ。

まずは自民党民主党はじめ各々の政党がブログあたりで自分自身の活動を発表していくところから始めて欲しい。それは重要な一次情報となるだろう。

それらを元にネットでもテレビでも好きなところで議論が進めばいい。それらは変な制約さえ作らなければきっとうまく結合していく。そしてそうした議論の結果を居酒屋でもリビングでも少しずつ語りかけていこう。これはいますぐにでもできる。

そして我々ウェブに携わるプログラマたちが常に考えてるように、それらの情報をできるだけ速くいろんな角度からたくさん見れるようになれば、確実に日本の世論は変わる。日本は自分自身を大手術する準備ができるだろう。

これが実現したとき、日本は政治という巨大なボトルネックから解放され、その本来のポテンシャルを発揮するだろう。

*1:実際そうした動きもある。NHKラボブログNHKオンデマンドなどはその現れの一つだろう

Sugano `Koshian' Yoshihisa(E) <koshian@foxking.org>