読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狐の王国

人は誰でも心に王国を持っている。

エンジニアが金持ちになって次の世代を作る未来

日本にシリコンバレーを作る方法という記事。

おっしゃる通り、日本のエンジニアは一人一人は決して諸外国に負けてないわりに、GoogleTwitterのような大きなムーブメントは起こせてない。あれができるのはシリコンバレーの伝統があればこそ、という見解には、いろいろ情報を総合するに同意せざるを得ない。

URL踏むと「こんにちは こんにちは!!」 AmebaなうのCSRF脆弱性で“意図しない投稿”広がるという記事が話題になっていたが、正直割と俺はAmeba側に同情的である。

なんでかというと元のはまちちゃんの記事を辿るとわかるが、これだけじゃなくて相当長くサービスをやってるはずのアメブロ側にXSS脆弱性なんかも見付かってるわけだ。

そんなのたとえばはてなライブドアだったら、とっくにユーザーの誰かが見付けてて報告され、適切に修正されてるだろう。そうならないのは、同業や同好の士のハートを掴む何かを作れなかったというところに起因する。

エンジニアだってね、自分で作ったものがおもしろいと思えないとつまらないんですよ。自分もおもしろいと思えるものを作りたいって、みんな考えてる。

しかし現実に起業し、金を得たのはエンジニアではない人間だったわけだ、アメーバでは。

バグなんてそりゃいくらでも残りますよ。人間がやってるんだからチェック漏れなんてどうしたって出る。ましてやウェブサービスなんてのはダイナミックに仕様自体が変わっていくんだから、品質をあげるのにはそういったユーザーの「協力」が不可欠。ましてや低コストでやらないと利益が出ないモデルなんだからね、ウェブサービスってのは。

そういうところを、エンジニアではない人間にはわからない。だから即刻アカウント停止とかしちゃうわけ。

twitterなんかだってそういうの乗り越えて来てるのよ。はまちちゃんtwitterでも同じことやって英語圏にまで「こんにちは!こんにちは!」を広げてなんだこれはーってのやってたんだから。

elm200さんが目指す「革新的な起業文化」を日本に芽吹かせるには、こういう非エンジニアにサービスを作らせてちゃダメなんだよ。それはカルチャーなんだから。エンジニアのカルチャーで作らないと。

そしてそういう文化で無ければ、世界に出て行くことは難しいだろう。

確かに日本は特殊なマーケット。海外とはウェブを使う層自体が違う。そういった土壌から掘り起こして、日本のサービスが世界中で使われるようにならないと、どうしたって国内需要だけで終ってしまう。

そして国内需要はこれから落ち込んで行くわけだ。中国との価格競争によって、我々日本人の人件費もデフレしていくわけだからね。

日本は資源の無い国。ソフトウェアで勝てなければ何で勝てというのか。

そう、今のままでは我々の仕事はみな中国へ行く。需要の縮んだマーケットとして日本は世界中の企業から見放されていく。

新しく世界に売れる仕事を作っていかなきゃいけない。Googleを追いかけるのではなく、Googleを飛び越える何かを。

elm200さんの計画が成功したとき、20年もの間停滞してた我々はようやく次の段階にいけるだろう。旧来の企業が次々倒産し、新しく産まれた企業がたくさんの人を雇えるようになる。

そのとき、雇用される側の人間に何が求められるか。まずはそこから考えてもいいのかもしれない。

Sugano `Koshian' Yoshihisa(E) <koshian@foxking.org>