読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狐の王国

人は誰でも心に王国を持っている。

iPhoneのメールはFrom書き換えられてさいこうさいこう

昔、携帯電話でメールができるようになったころ欲しかった機能が、From書き換え。その頃は初期のケータイメアドは番号@docomo.ne.jpみたいな形で、spamがじゃんじゃか送られていた。

当時はspamをさほど気にしてなかったので別段どうでもよかったのだが、さすがに電話に送られると音が鳴るのでうざったい。

だから俺は、ケータイのメアドはありえないほど長くてランダムな文字列にしておいて、From書き換えでspamフィルタなりなんなり通した転送メアドをケータイ用メールアドレスとして設定できるようにして欲しかったのだ。こうすれば違和感無く使えるだろう。

ところがそんな機能を付けてくれる機種が出ることもなく、あまつさえ最近の機種ですらいまだにReply-Toも無視してFromに返信しちゃうケータイが多い。

しかし、そこで登場のiPhoneですよ。

iPod touchの時に試してたのだが、手動設定にすればFromとIMAPのアカウントは別に付けられるのだ。さらに登録しておいたアカウントのFromはメールの返信時にも書き換えられるので、「こちらが送って欲しいメアド」を設定しておくことができる。

が、iPhoneのメールアカウントはメールボックスとユーザーの組み合わせで1つと認識してるようで、同じユーザーで複数のアカウントを作ることはできない。

そこでいくつかのGoogleアカウントを利用して、IMAPメールボックスの数だけFromを好き放題設定しておいた。送信サーバはsmtp.gmail.comを利用させてもらう。

ただし、smtp.gmail.com は認証に使ったアカウントに関連づいたアドレスしかFromに設定できない。なのでsmtpだけは10個以上ある俺のメールアドレスのほとんどが登録済みのアカウントで認証させるようにした*1

これで実際送ってみると見事に成功。いやっほう。

まあFrom書き換えを受信しない設定のケータイなんかには通らないかもしれんが、それはどうでもいいや。ふだん使ってるメール環境がほぼそのまま使える事の方が重要。

こういうPCユーザーが何気なくやってたことができなくて携帯電話にはイライラさせられっぱなしだったわけだが、iPhoneならそういうこともけっこうすんなりできちゃう。

要するにケータイ文化に馴染めない人間にはホントに最高の端末なわけだ、iPhoneは。

この調子で日本のケータイ文化をブチ壊してくれるとありがたいわー。

*1:Gmailの設定->アカウント->名前ってとこね

Sugano `Koshian' Yoshihisa(E) <koshian@foxking.org>