読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狐の王国

人は誰でも心に王国を持っている。

iPhoneを修理しようとしたらタイのデモに遭遇した件

タイの詳しい政治情勢やらニュースなどいくらでも記事があるのでここで俺が書くべきことなど何もないのだけれど、あちこちご心配はお掛けしてるようなので何か書いておくべきかと。

軍事クーデターというとたいへん危険な状況を想像されるとは思うのだけど、現実的に今回のクーデターは「反政府デモ隊」と「反政府デモに反対するデモ隊」という2つの勢力が衝突し、これまでにも死傷者が出てることから行政権をひとまず軍隊預かりにした、というような状況といっていいと思う。

なのでむしろ治安に関しては悪くなりそうなところをクーデターによっておさめた、と見てもそう間違いじゃないんじゃないかな。

実際のところ、市民生活はさほど変わらず。夜間外出禁止令に伴う若干の不便さはあるものの、22〜5時という時間帯なので夜遊びでもしてなければさほど問題はない。

軍が治安を預かってることでデモ隊も一応は解散したはずなのだが、「反政府デモに反対するデモ隊」の人たちなのだろうか、今度は「反クーデターデモ」というのが起きている。

実は昨日うっかりその現場に遭遇してしまってひやりとした。ラチャプラソン交差点という4年前に赤シャツデモ隊が選挙していたところのすぐ近く、Amarin というショッピングセンターにある iServe という Apple の認定サービス業者に iPhone 5s の修理を頼みに行った時のことである。写真のタイムスタンプを見ると現地時間11時39分34秒であった。

入店するときには2〜3人の女性がマイクもなしに演説のようなことをしていて、その周りを多数の市民やジャーナリストたちが取り囲み、軍隊と警察が遠巻きに見ているような状況だった。危ないなあとは思ったのだが、とりあえず建物の中に入ってしまえばだいじょうぶかとそのまま Amarin の中に入っていった。

iServe で「キャリアの修理センターがあるからそっちにいきなよ」と言われ、サイアム・ディスカバリー6Fの TrueMove のセンターを教えてもらって Amarin を出たら、この騒ぎはもっと大きくなっていた。15分もたってなかったと思う。

人も心なしか増えていて、スカイウォークという高架鉄道BTSの下を通る歩道橋も人で埋まっていた。軍と市民がちょっと押し合いになるのかなとも思えるような雰囲気で、スカイウォークの上からも下からもクーデターに対する反対の叫び声があがっていた。

これは本当に危ないなと思った俺はすぐ電車に乗ってしまおうとそのままスカイウォークの人ごみをかき分け、チットロム駅に向かった。しかし透明な盾を構えた兵士たちが道を塞いでいた。どうやら混乱を避けるためか通行止めにしたらしい。下を回ってくれというので頷いてみせると、兵士は「サンキュー」と言っていた。

電車に乗って向かったのは、バンコクBTS高架鉄道とMRT地下鉄の駅があるアソークである。ここの Terminal 21 というウォシュレット完備という噂のショッピングセンターに用事があってきたのである。

アソーク駅にはYOSHIKIきゃりーぱみゅぱみゅのライブイベントの告知ポスターが貼ってあった。3駅離れたこちらはまったくの平和だった。

ここで俺は日本から旅行で来てた友人らとMKというタイのファミレスで食事の約束があったのだ。野菜のたんまり入った鍋などなかなか食べる機会がないので、MKのお誘いはとてもうれしい。

食事の後、サイアムへいくつもりであることを友人らに伝えると「MBKの隣じゃん? 昨日あそこでデモあったばかりだから危なくない?」みたいなことを言われたのだが、Twitter で情報を漁ってみると軍はいるけど特に何も起きてないとのこと、さきほど遭遇したデモ隊は戦勝記念塔のほうへ向かってるとのことだったので、一応警戒しつつも行ってみることにした。

いつもならデパートも多く休日は人出の多いサイアムなのだが、日曜日だというのにだいぶがらんとしていた。とはいえまったく人がいないわけでもなく、まあまあ賑わってはいる。危険は無さそうだなと判断して、そのままサイアム・ディスカバリーまで歩いて行った。MBKへ向かう方向だが、駅から建物の中を辿っていけるので、何かあっても屋内ならそう危なくはないという判断である。

TrueMove のセンターで iPhone 5s のホームボタンが機能しない、指紋認証も動かないことを伝えると、前面パネルの隅っこが欠けてるので保証対象外だと言われてしまった。ちょっと落とした時にそういえばちょろっと欠けてしまったのだった。9500バーツ、およそ3万円。1月に買ったばかりなのにさすがに痛い。いや、パネルはいいからホームボタンをどうにかして欲しいのだが。

どうも調べてみると iPhone 5s のホームボタンは Touch ID の都合でチップとペアリングされてるらしく、ホームボタンだけ交換というのは難しいらしい。本体まるごと交換になってしまうのだが、その時にパネルが割れてたりすると保証対象外。なんだよもう、スティーブ・ジョブズが「iPod は裸で使え、傷もまた思い出だ」っていうから裸で使ってたのに。保証対象外になるんじゃ怖くてジャケットなしで使えないじゃないか。

なにやらどっと疲れが出て足取りも重く帰ったのだけれども、帰路の街の様子も特に変わったこともなく、クーデター真っ最中とは思えない街並み。

もちろんこれは土地勘があり、スマートフォンを持ち歩いて情報を常に得てるから。ASEAN諸国の在住者やニュースを流してる Twitter アカウントを集めたリストを以前から作成しており、これを見ながら暮らしている。

土地勘もない人が旅行で来たりするのはやめたほうがいいだろうし、情報も見ずに動くのは危ない。今回の俺のようにデモ情報が出まわる前(もしかしたらあったのかもだけど見落としてた)にでかけてしまうという不運もある。

また非常にセンシティブな部分もある。昨日もおふざけでタイ情勢の話を平然としてくる人たちがいたので回線を切ったりもした。ふざけていいことと悪いことの区別がついてない人とはこの件に関して話すことは何もない。

情勢や治安については楽観視はしてるけども、決してシリアスさに欠けた状況でもない。とはいえタイの政治情勢より iPhone のホームボタンのほうが俺にとっては重要なくらいではある。

これホントどうにかなりませんかね……。AssistiveTouch で暮らすのつらいよう……。

Sugano `Koshian' Yoshihisa(E) <koshian@foxking.org>