読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狐の王国

人は誰でも心に王国を持っている。

予告.inの本当の功績は、犯罪予告検知に意味が無い事を知らしめたこと

なんかそんな気がしてきた。

【2ch】日刊スレッドガイド : 『予告.in』にバッシングの声 「ネットで言葉狩りをして成り上がろうとしている」

別に俺は予告.inの中の人が言葉狩りで成り上がろうとしてるなんて全然思わないけど、結局犯罪予告を検知したところで、このスレッドにあるような意味の無いものが溢れる事になるってのを予告.inは身をもって証明してみせたわけだよな。

国が数億円の税金を投入しようが、結局は同じことになっただろう。

「コウナゴを殺して食べる」なんていうネタで通報されて逮捕に至るは、もはや国家権力によるギャグとしか思えなかった。

結局ネタをネタと見抜ける犯罪予告検知なんてAIが人間並になったSF世界でもなきゃ無理な話で、そもそも予告犯罪なんてそう多くも無いわけだろう。ただでさえいそがしい警察の仕事を増やすだけだ。

予告.inは、ひとつの市民運動として考えることもできる。

国家が無駄なシステムを作ろうとしたとき、hackerが数日でさくっとそのようなシステムを作って見せる。しばらく運用してみるとそのシステムが本当に有用なのかわかってくる。

その頃、政府が作るシステムは予算割当すら決まってないわけだ。

それでも作るなら、先行する市民が作ったシステムを越えなきゃいけない。できあがったものが市民が数日で作ったシステムよりしょぼかったりたいして変わらなかったりしたら、誰も納得しないだろう。

そうすることで国家の情報システムをより無駄なく、より良いものに変えていける。そんな市民運動だ。

こういうことはもしかしたら、情報システム以外のものでも作れるのかもしれない。

そういう可能性を垣間見せてくれたという意味では、予告.inは革命的なウェブサービスだと言えるのかもしれない。

Sugano `Koshian' Yoshihisa(E) <koshian@foxking.org>