読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狐の王国

人は誰でも心に王国を持っている。

マザー・テレサが見た日本の巨大な貧困

先日の記事は、伝わらんかもしれんなあと思ったが案の定伝わらなかったようで、反応を見てると半分くらいは理解不能だったぽい。

しかし残りの半分はよく理解してくださった様子。

負のスパイラルから抜け出すための第一歩|Weep for me - ボクノタメニ泣イテクレ > 雑記
「自称人間」を離脱しよう。「人間」であることを諦めよう。その方が「楽」だ。 - ポスト・ヒューマンの魔術師

こちらのお二方は俺なんかよりずっと綿密に思考してくださってるので、ご一読あれ。とくに木村さんの自称人間からの離脱は実に興味深い。「誰にでもできる簡単なお仕事です」という定番のセリフがあるけど、それに従事してる人間は「仕事以外」で充実してないと持たない事が説明されてる(と、俺は読んだ)。

それともう一つ、これが本題なんだけども、もひとつ前の記事に頂いたトラックバックの中に、すばらしいものがあったのでご紹介したい。

あのマザーテレサが見た日本の貧困だ。

ただ、話を聞いて欲しいだけなんです。 - キヲクのドリップ
マザーテレサの日本人への提言

「けさ、私は、この豊かな美しい国で孤独な人を見ました。この豊かな国の大きな心の貧困を見ました。」
「カルカッタやその他の土地に比べれば、貧しさの度合いは違います。また、日本には貧しい人は少ないでしょう。」
「でも、一人でもいたら、その人はなぜ倒れ、なぜ救われず、その人に日本人は手をさしのべないのでしょうか。その人が飲んだくれだから! でも、彼もわたしたちも兄弟です。本人はきっと孤独でしょう。 みなから無視されての……。やけ酒かもしれません。」
「私は、短い間しか日本に滞在しないので手を貸してあげるのは、せんえつだと思い、何もしませんでしたが、もし、女の人が路上に倒れていたらその場で、語りかけたり、助けていたと思います。豊かそうに見えるこの日本で、心の飢えはないでしょうか。だれからも必要とされず、だれからも愛されていないという心の貧しさ。物質的な貧しさに比べ、心の貧しさは深刻です。心の貧しさこそ、一切れのパンの飢えよりも、もっともっと貧しいことだと思います。日本のみなさん、豊かさの中で貧しさを忘れないでください。」
「愛は家庭から始まります。まず家庭の中で不幸な人を救いなさい。両者が愛し合い、母親が家庭の中心となりなさい。平和とうるおいの家庭が築けたら、隣人を愛しなさい。自分が、自分の家庭が、愛に満たされなければ隣人を愛せません」

マザーテレサの日本人への提言 より部分引用

これ以上俺から言えることは無いだろう。
俺がここいくつかの記事で「日本の貧困」と呼んで来たものは、結局ここに帰結するのかもしれない。

ただ、自分の弱さと戦ってる人間に、あんまり冷たくしないでやって欲しい。

Sugano `Koshian' Yoshihisa(E) <koshian@foxking.org>